プロフィール

メッセージ

~ 大和撫子ジレンマからの脱出 ~

「大和撫子」が美徳とされているところがまだまだ残る日本文化。 そして、自己表現や自己実現力の弱い今日の日本教育。

そんな環境で育ってきた私たち日本人女性は、外国人女性と比べて、自分の意見を持ち発言することや、リーダーシップをとるという分野において押され気味です。

私も以前は本当の自分を100%表現できず、本当にしたいことも不明確で窮屈な生き方をしていました。
そんな私がニューヨークへ転勤し、目から鱗な経験をしました。

ニューヨークで出会ったイキイキとして、常に恋もキャリアも全力投球な女性たち。
そんなパワフルな彼女達は、自らへの自信と自尊心に満ちあふれていて、「自分の生きたいライフスタイル」がとても明確なんです。 そしてそのビジョンへ向けてまっしぐらに突き進む彼女らの背中を見ていると、今の日本人女性に必要なものが何かがはっきり見えました。

日本人女性は人を思いやる気持ちにあふれていて、確かにそれは世界に誇れる美しさです。
その反面、精神面での自立、そして自分を愛して、誇りを持つということが少し欠けているように思うのです。 日本社会においての、「女性はこうでなければならない」という暗黙のプレッシャーが無意識のうちに私たち日本人女性から自尊心や自信を奪っているのではないでしょうか?

他人と比べるのではなく、自分の幸せの価値観を見つける。
この自己実現が本当の意味での幸せに繋がるのです。

ニューヨークで働き、生活することは私にこのようなかけがえのない大切なことを教え続けてくれています。
ここで学んだ様々なことを日本人女性にシェアしたい、そんな一心で『ニューヨーク・ライフデザインコーチング』を立ち上げました。
グローバルで活躍し、そして成功を収めるジャパニーズウーマンの実現こそがまさに私のミッションです。

ニューヨーク・ライフデザインコーチング主宰
クムシー 畑山 理沙

プロフィール

クムシー 畑山 理沙
トラスト認定プロフェッショナルコーチ

高校生まで普通に日本で暮らし、その後グローバルな視野を持ちたいという強い思いを抱いて渡米。
全く英語がわからない状態でオハイオ州立ボーリンググリーン大学へ留学し、ビジネス会計学を専攻。
2002年大学卒業後、東京に戻りアーンストアンドヤング会計監査法人に就職。外資系金融会社の財務監査に携わる。

その後メリルリンチ日本証券に転職し、2008年、同社ニュヨーク本社へ転勤。
転勤後、6ヶ月でリーマンショックを体験する。本場ニューヨークウォール街の厳しさを目の当たりにするも、その中でパワフルに生きるニューヨーク女性に感銘をうける。

現在UBS(スイス銀行)で働きながら、日本人女性の自己実現をサポートするコーチングビジネスを展開中。
インド系オーストラリア人の旦那とニューヨーク州マンハッタン在住。

lifedesigncoach.net